平成最後の夏にこだわりの『ござ』を購入して昭和気分を満喫してみた

平成最後の夏は記録的とも言える猛暑でしたね。あまりにも暑すぎて我が家も家族全員で家でゴロゴロするしかない日が度々ありました。

そしてそんなゴロゴロ生活だったある日、もっと快適にゴロゴロできないか?!と考えるようになりました。

ソファもベッドもない、オール和室の我が家

時代はとっくに21世紀、しかも平成も終わろうとしているこのご時世に、我が家は昭和にタイムスリップしたような家に住んでいます。

賃貸の小さな一軒家なのですが、遊びに来た人たちからは『こんな物件どうやって見つけたの?』『トトロっぽいね』などと言われることも。

まあそれが気に入ってこの物件に決めたのですが、とにかく昭和な家なので部屋は全部和室、ソファやベッドなどのゴロゴロするのに気持ち良さそうな家具はそぐわない家なのです。

畳にじかにひっくり返るのもそれはそれで気持ち良いのですが、ちょっと長くゴロゴロしていると背中が痛くなってしまって、なんだか疲れるのでごろ寝マットでも買おうか、と夫に話したところ、「『ござ』ってどうかな?なんか気持ち良さそうじゃん?」と提案されたので早速ネットで検索してみることにしました。

最初は安いところで適当に買おうとした

ネットで『ござ マット』などで検索してみるとたくさんの商品がヒットしました。

長らく西洋に憧れていた日本人ですが、最近は日本古来の文化も見直されているようでござをはじめとした『い草』の商品が『落ち着く』『風流』『やすらぎ』などという言葉とともにプッシュされていました。

値段もかなりお手頃なものがたくさん出てきたので、その中で見つけた適当なものをカートに入れて夫にこれでいい?と確認しました。すると夫が「うん、いいと思うんだけど・・・い草ってきっと農薬使って栽培するよね?こだわったら国産で無農薬のやつとか出てこないのかな?」と。

確かに、野菜などは無農薬にこだわったりするのに、ござに関しては何も考えていませんでした。でもよくよく考えたら寝転がった時に肌に触れるものだし、安さだけで選ぶのはまずいかと思い、再び夫と二人で調べてみたところ、なんと完全無農薬のい草で作られたござを見つけることができました。

こだわり抜いた結果、大満足。でも・・・

完全無農薬のい草で作られたござは、やはり買おうとしていた安売りのものの2倍以上の値段でした。

でも夫がそれでもお金を出すというので購入を決定。畳屋さんの個人サイトからの取り寄せでしたが、迅速に対応してくださり数日後に商品が届きました。

梱包を解いてみるとい草のものすごく良い香りがしてとても感動しました。

実は他のサイトでもい草のグッズを同時期に購入したのですが、こちらのござのい草の香りの方がダントツで良かったです。

裏にクッションなどのない本当にただの薄いゴザなのですが、畳の上に敷いて横になるとなぜかゴロゴロしても楽で、香りでもリラックスできて最高です。

その後も相変わらず暑い日が続きましたが、家中の窓を開け放って風を通しながらい草マットの上で家族でゴロゴロする生活を楽しみました。

ぜひいろんな人にお勧めしたいのですが、完全無農薬のい草を栽培されていた方がお亡くなりになってしまったらしく、在庫をもって販売終了になるとのことでした。

現在は農薬をできるだけ減らした商品に切り替わっています。近いうちにまた、完全無農薬のい草栽培を担ってくださる方が現れるのを願うばかりです。

ござの購入先:https://tata3tori3.com/tsuhan_top.html