JBLのBar Studio(サウンドバー)を買うことによって、テレビの音は劇的に変わること間違いなし

私は今年引越しをしました。引越しをする前に使っていたテレビは32インチの少し小さめのテレビです。10年以上も前に購入したテレビだったので、映像が綺麗ではなく音も良いものではありませんでした。それでもテレビが観れるから我慢して観ていました。

ですが、引越しが決まったことと同時にテレビを購入しようと考えたのです。

私が購入したテレビは、SONYのBRAVIA KJ-43W730Eです。

私がなぜこのテレビにしようと思ったのかは、値段が安いのにも関わらず40インチを超えていたためです。またSONYのブランド力にも惹かれました。

ですが、実際に購入し電源を入れたところ、テレビの映像は綺麗だったものの音は期待はずれでした。

どう期待はずれだったのかと言いますと、音がこもって聞こえるのです。また、背面から音が聞こえるため音が遠く感じます。これなら買い換える前のテレビのほうが音が良かったのではないかと思いました。

そこで、私はこの状況をなんとか改善することが出来ないか考えました。音が悪いのであれば、スピーカーを外部で出力すれば変わるのではないかと思ったのです。

そこでインターネットで調べ、サウンドバーというものがあることを知りました。

購入したのはJBL Bar Studio

私が購入したサウンドバーは、JBLのBar Studioというものです。型番ですとJBLBARSBLKJNになります。

こちらの商品は、Amazonで購入をしました。Amazonで購入を決めたのは、追加で料金を支払うと自然故障対応が5年も延長されるからです。

以前にスピーカーを購入した際に、急に音が鳴らなくなったことがあったので保証がしっかりとしているところで購入しようと思いました。

なぜ、この商品にしたのかと言いますととてもコンパクトだった為です。これ以外にも様々なサウンドバーがあったのですが、この価格帯でここまでサイズがコンパクトなサウンドバーは少なかったのでこれにしました。実際に届いたものを見た時も、コンパクトで場所に困るようなことも無く良い品だなと感じました。

JBL Bar Studioを使ってみて良かったこと

使ってみて良かったことは、音が劇的に変わりました。私は普段、HULUやnetflixなどのVODをよく観るのですが、映画を観た時の臨場感や迫力が増しました。

部屋を暗くすれば、小さな映画館にでもいるのではないかと言うような雰囲気です。音の質については、低音が強いスピーカーだと思います。

低音が強いと言っても、単に低音がうるさいと言うわけではありません。品のあるような低音の響きで不快ではありません。

また、音質を変えられることもとても嬉しいポイントでした。

映画を観るときであれば、映画用の音質にテレビのニュースを観るのであればニュース用の音質に手動で変更をすることが出来ます。音のバリエーションが様々あるので、自分の好きな音質に変えることが出来るのがとても良いなと感じました。

逆にJBL Bar Studioの悪かったところ

悪かったところですが、それは音ずれがするところです。

特にDVDを観てる時などは、かなり音ずれを感じます。どのくらい音ずれするのかと言いますと、テレビのバラエティなどを観ているにも関わらず日本語吹き替えを観ているほどです。

もしかしたら、テレビの配線の繋ぎ方次第で改善するのかもしれません。ですが、普通に繋いでいて音ずれしてしまうのは、残念だなと感じたポイントでした。

他のサウンドバーと比べてみての感想

JBL Bar Studioをキッカケにサウンドバーに興味を持ち、人気のサウンドバーをもう1台購入しました。

購入したサウンドバーはSONYのHT-S200Fです。こちらのサウンドバーもテレビに繋ぎ音を聞いてみました。

私の個人的な感想としては、JBLのBar Studioのほうが音は良いかなと思います。

映画を観る時の迫力に関してはJBLのBar Studioのほうが圧倒的に勝っています。

ですが、ニュースや音楽などを聞く場合はHT-S200Fのほうが良いかなと思いました。

HT-S200Fのほうは、音が繊細で高い音がしっかりと出ているように感じました。

私の場合は、低い音がしっかりと出ているほうが好きなのでJBLのBar Studioほうが良いのかもしれません。

まとめ

JBLのBar Studioは現在、人気でかなり売れているようです。テレビの音に迫力がないなと感じているひとは絶対に購入したほうがいいと思います。私はJBLのBar Studioを購入して、家の中でVODを観るのが今まで以上に楽しくなりました。