富士通の小型スキャナーScanSnap S1300iの便利な使い方をご紹介します!

たった1枚の紙のためにスキャナを立ち上げるのも面倒だったりしますよね。

自宅だと近くにスキャナが置いてあるとも限らなくて、面倒でスキャンするための書類が放置されがちです。

私も紙の書類がすぐにたまってしまって困っていました。

そこで思い切って、富士通のScanSnap S1300iという小型のスキャナを買ってみたんです。

このスキャナが思いのほか便利だったのでレビューしてみますね。

ScanSnap S1300iのレビュー

このスキャナのいいところは、サイズが小さくて値段も手ごろなことです。ふたを開いたときも場所をあまりとりません。

コンパクトなので自宅の机の上に常に置きっぱなしでつなぎっぱなしでも邪魔になりません。

ふたを開くとすぐに使えるので待ち時間もなく、書類1枚でもすぐにスキャンしようという気になります。

読み取りサイズや画質も選べるし、こまめにスキャンをしたい人にはピッタリなスキャナです。

付属ソフトのScanSnapOrganizerが非常に使いやすく、ファイルの中身をきちんと表示してくれるので、読み取ったあとはこのソフトでそのまま管理しています。パッと見てわかるのがすごく便利。

読み取り速度こそ遅いけれど、読み取り画質は4段階から選べ、仕上がりは上位機種と比べてみても遜色ありませんでした。

サイズが違うものでも微調整することで続けて読み込めるので、あとでファイルをまとめたりする手間がなく、ストレスなくスキャンすることができます。

ScanSnap S1300iの便利な使い方

このスキャナを最大限に活用するためには、気が付いたときにすぐにスキャンできるように、常に机の上に置いておくことです。

すごく手軽なのでどんどん片っ端からスキャンして、いらなくなった書類はすぐに捨てられます。

この手軽さがScanSnapシリーズのいいところ。置く場所がないからとしまっておいては意味がありません。

コンパクトで軽量なので、パソコンと一緒に持ち運んでスキャンすることもできます。

私は滅多に持ち運ぶことはないですが、ACアダプターなしで動きますし、この形であれば持ち運ぶのに邪魔にならないでしょう。持ち運び用のポーチも別売りされていますよ!

Wi-Fiでスマホにデータを送れる

読み取ったデータはWi-Fi経由で、パソコンだけでなくスマホやタブレットにも直接送れます。

これがまためちゃくちゃ便利で、パソコンがなくてもスキャンした書類を管理できちゃうってことなんですね。

うちにはパソコンがありますが、最近はパソコンがないというご家庭も多いようで、そんな場合でも手軽にペーパーレス化できるというのは、今さらながらスゴイ時代だなと思います。

ScanSnap S1300iは本の自炊には向きません!

このスキャナで本やマンガのスキャナをすることはオススメしません。

1度に10枚ほどしかセットできないので、何度も何度も原稿をセットする羽目になります。

やってできないことはないかもしれませんが、スキャナに付きっきりで他の作業がほとんどできません。

自炊するのがメインの人は、読み取る枚数が多い機種を選んだ方がストレスなくできるでしょう。

上位機種は価格は高くなりますが、この機種で本1冊自炊をするのはツラいですよ…。(経験済み)

いつでも手軽にスキャンしたい人にオススメ

このスキャナを買う前は、他の部屋にある大きなスキャナをわざわざ立ち上げに行っていました。

その手間が面倒で、ついつい「スキャンする書類入れ」にポンポン放り込み、箱がいっぱいになっていました。

  • 「大きなスキャナはあるけど違う部屋にあって面倒…」
  • 「手軽に1枚から書類をスキャンしたい」
  • 「スマホしか持ってないけど手軽にペーパーレス化したい」

こんな方にオススメのスキャナです。