ナイトキャップって効果あるの?人気はシルク?おすすめの商品からかぶり方までご紹介します!

『髪は女の命』なんて言葉があるように髪を綺麗にするためにケアを頑張っている女性は多いですよね。

でも、どんなにケアを頑張ってもカラーやパーマ、毎日の生活で浴びる紫外線などでで傷んでしまったり…髪の悩みはなかなか尽きません!

そんな世の中の女性たちの髪の悩みに応えるべく産み出されるたくさんのヘアケアグッズの中でも、最近はナイトキャップが流行しているようです。

かく言う私もカラーを繰り返して気がつけば髪がボロボロ。少しでも髪質を改善したいと思い、試してみることにしました。

…というわけで、試してみて本当に効果があったのか?

安いものから高いものまで、色々あるけどどれが良かったのか私なりのレポートをしてみたいと思います。

そもそもナイトキャップって何の意味があるの?

ナイトキャップといえばよく外国のドラマや絵本のイラストで女性が寝るときに被っているもの、という印象であれが一体なんなのか、どんな意味があるのかピンくる人はきっと少ないですよね。

私も「とある芸能人の影響でナイトキャップが流行っているらしい」と聞いたときは「ファッションとしてなのかな?」なんて勝手に思っていました。

ですが少し調べてみると、実は寝ている間にも髪は枕や髪同士が擦れることで傷んでしまったり絡まって抜けてしまうことがあるようで…その摩擦や絡まりから守るために被るものだというのです。

実際に使っている人のSNSを見ていると「被って寝るだけで翌朝髪がツルツルになる!」「もう手放せない!」なんて書き込みばかりでそんなに良いならモノは試しだと早速購入してみることに。

オススメはやっぱり絹のナイトキャップ!

ひとえにナイトキャップといっても素材もコットンとシルクと大きく分けて二種類あるようでお値段も100円ショップで購入できるものから5000円くらいのものまでピンキリです。

SNSで人気のあった商品はシルクのタイプで、なんでも髪の負担を減らしつつ、絹糸に含まれるアミノ酸が髪をツヤツヤにしてくれるらしい、と言うので迷わずシルクのタイプを購入することに。

お値段は1000円台のゴムタイプのもの3000円のバンダナタイプのもので迷いましたが、お試しなので1000円台の方を購入してみることにしました。

早速届いたので使ってみた!ロングの人のかぶり方のコツ

インターネット通販で購入してその週末には届いたので、早速被って寝てみることに。

ショートヘアなら簡単に被れますが、私は胸下までのロングだったので少々苦戦しました。

ですが後ろでお団子を作るように髪をくるくると、まとめて被れば簡単で、このかぶり方のコツさえ掴めば、すぐに被る事が出来るようになります!

ちなみに前髪はあまり傷みが気にならないのと短いので、私は中に入れずに出しっぱなしにしていますが、乾燥が気になる時などはオールバックにはぜずに(クセになってしまうので)キャップを深く被るようにしてあげています。

被った状態で鏡を見ると…まるでおばあちゃんのような姿…なんだかコントみたいで…この姿は誰にも見せられそうにありません(涙)。

一夜明けて効果絶大!サラサラヘアーの出来上がり♪

そうして翌朝。

ワクワクしながらナイトキャップを外すと、お団子状にした部分に少し寝癖がついてしまいましたが、するんとまとまって手触りがサラサラ。

なんだか艶も出ているようで、まるでサロンでトリートメントをしてもらったような髪質になっています!

今まで色々なヘアケアグッズを試しても、こんなに劇的な効果が見られなかったのに被って寝るだけでこんなに綺麗な髪になるなら、もっと早く知りたかったと後悔してしまうほどでした。

寝癖もブローで戻る程度のものなので全く気にはなりません♪

MEMO
使い続けてみて気になった点といえば、長時間被っているとゴムの締め付けで頭が痛くなってしまう事と、翌朝外れている時がある事。それからシルクなのでお手入れが少し面倒という事です。(被った姿が可愛くなくてお泊まりの時に被れないというのもありますが…)

ですがお手入れはお風呂の時に手洗いをするようにしてサイズは洗い換え用にサイズ調節が容易なバンダナタイプを買った事でこの欠点は解決されたように思います。

迷っているなら試す価値アリ!買ってよかったナイトキャップ。

というわけでナイトキャップの美髪効果は私にとっては絶大で、間違いなく買ってよかったアイテムになりました。

今年一番と言っても過言ではありません。

もし購入を迷ってる方がいるなら、1000円台のものでも効果は十分に実感できるのでぜひ試してみる事をおススメします。