「さくらん」は蜷川実花が色付けた土屋アンナのエロ格好良さが光る!

「さくらん」の感想

とにかく美しい配色、写真家の感性で描かれる画面

「さくらん」は安野モヨコ原作の同名コミックを、女性写真家の蜷川実花が監督をつとめて実写化した花魁の物語。2007年に公開されました。

主人公のきよ葉を土屋アンナが体当たりで演じたことでも話題を呼びましたが、他の花魁役に菅野美穂や木村佳乃を起用していますので、その妖艶さは必見です。

また音楽、主題歌を椎名林檎が担当していて、時代劇の世界観にエレキギターの音がマッチするという独特の世界観を演出しています。

特に眼を見張るのが眩しいほど濃い配色。朱色をメインに、花魁の着物から館から、とにかく美術の凝った作品です。

土屋アンナははまり役だった

土屋アンナの演技については賛否両論ありますが、私は原作も読んだ上で、ぴったりだったのではないかと思ってます。

子供の頃から跳ねっ返りだった少女が、先輩花魁の姿からたくさんのことを学び、吉原の遊郭の女として育っていく様は逞しいです。

ぼこぼこにされても、へこたれない負けん気の強さは、彼女の雰囲気からもにじみ出ていますし、決して器量よしではないけれど、努力で成り上がる痛快さも彼女だからこそ出ていたのではないかと思います。

吉原の遊郭という女の園で

遊郭を描くとなると、どうしても悲劇や哀れさが全面に出て、見るのも辛くなったりしますけど、「さくらん」で描かれるのは「女の戦い」ですから、ある意味バトルものです。

キャッチコピーは「てめぇの人生、てめぇで咲かす」。女の意地の力強さを見る映画です。