マスカレードシリーズ最高傑作!マスカレード・ナイト

マスカレード・ナイトについて

今回はマスカレード・ナイトという小説を紹介したいと思います。
東野圭吾先生の作品でマスカレード・ホテル、マスカレード・イブに続く三作目の小説です。

「マスカレードシリーズとは」

簡単にこのシリーズの概要を説明しますと、ホテル・コルテシアという一流ホテルを舞台にホテルマン(フロントクラーク)とそのホテルで起きる事件の真相を追う刑事との駆け引きや推理を描いた小説です。
一作目からこのフロントクラークの山岸と新田刑事が絶妙な距離感と連携でいろいろな問題や事件を解決していきます。

「三作目・マスカレードナイト」

そしてこの三作目はフロントクラークの山岸が昇格してコンシェルジュになり、さらにホテルマンとしての責任感をもって仕事している様子が描かれています。

お客様の要望には決して簡単にノーと言わない。コンシェルジュのプライドや責任感が読者にひしひしと伝わってきます。こんなホテルに泊まったらなんでも大抵のお願いはかなえてくれるだろうなと思いました。

一方で新田刑事はまたある犯行予告によってその場所がホテルコルテシアであることを知ります。例によって再びホテルマンに変装し潜入捜査をすることに。

前作ではホテルマンとしてのノウハウを山岸に叩き込まれ、愚痴を言いながらもお互いを認め合っている二人の関係は徐々に縮まっているように感じました。

そして肝心の事件。大晦日に行われる仮面パーティーでそれは起きます。

山岸が命の危険にさらされ危機一髪のところで新田刑事に機転による命を救われます。

そしてそこからこの事件の真相が明かされていきます。

登場人物によるあらゆる角度からの証言という面白い設定によって解き明かされます。

ある少年の何気ない行動から犯人の綿密な計画にいたるまですべての行動が線となりつながっているのです。

伏線はいたるところに張り巡らされていますがそれをこのラストの解き明かしですべて回収し衝撃と同時に感動すら覚えるエンディングです。

さらには山岸の海外異動という話もあり続編も期待できます。ぜひまだ読んだことない人には読んでいただきたいです。