宇治原さんの「学歴は必要」という意見、一概には言えないけど正しいと思う

京大芸能人が「学歴は必要」と結論付けた

おそらく、今テレビで京大卒として有名なのはお笑い芸人「ロザン」の宇治原さんではないでしょうか。クイズ番組でもよく見ますし、特に学歴を武器に戦っているイメージがあります。Yahoo!ニュースでは、そんな宇治原さんが「学歴は必要だ」と結論付けたことが書かれていました。

学歴が役に立つ環境とそうでない環境がある

これを見て、私は学歴に重きを置かれない環境もあるなと思いました。就職する時には履歴書に学歴は書きますが、低レベルな学校を出ているからと言ってその人たちが全員どこの会社からも採用されないということはありません。それこそ芸能界でもおバカタレントはいますし、おバカで知られている人は元大工だったりもします。もし学歴がなくて働けないのなら、皆もっと必死に勉強するでしょう。

逆に、学歴が必要な職場は教育現場であったり、公務員であったり、一部上場企業だったり、いわゆる「良い仕事」と呼ばれるものです。ここでは残酷なことに、たとえ野球がやりたくて偏差値が低い強豪校へ入っただけであっても、学歴で入社を許されないこともあります。学力で学校を選ばなかったから入社できない環境もありますよね。

将来役立つかどうか

勉強って、社会人になってから役立つことは少ないと思います。でも、社会に出るためには必要です。何故なら入社試験があるから。自分のなりたい職業が決まっていて、絶対に変わることがなく、倒産してもまた同じ会社を見つけるという保証があるならそこまで勉強する意味はないでしょう。

でも、そんな保証された未来なんてないから、皆学歴は必要と言うのだと思います。頭の回転の良さ、今までの努力を見るための方法、それが今日本ではたまたま学歴になっているのでしょう。勉強しておいて損はないけれど、頑張りすぎる必要もないかと思います。

猶予を確保すれば、勉強なんて大人になってからでもできるのですから。学歴は、将来役立つ「かもしれない」を付けざるを得ませんね。