「ウルトラマンは泣いているか」~円谷英明著「ウルトラマンが泣いている」講談社現代新書刊

ウルトラマンが泣いているを読んで

ウルトラマンシリーズの一族

特撮ファンなら知らぬとはいわない、いったらモグリになってしまう特撮界のビッグネーム、円谷英二の孫、円谷プロ2代社長だった円谷一のだった息子。それがこの本の著者、円谷英明である。

円谷プロの公式ホームページは現在も存在し、しかも充実した内容で誰でも見ることができる。ところが、現在の円谷プロには、円谷英二の子孫は一切かかわっていない。それが著者の明らかにする事実である。えっ?といいそうになるが、本当の事らしい。ウルトラマンの生みの親になった一族は、一体どこに行ったのだろうか。

円谷一族の落日

じつは、円谷プロと円谷一族の凋落はうわさには聞いていた。この本には凋落の経過とプロダクション追放が赤裸々につづられている。

とはいえ、すべてをその通りに受け取るのは多少のちゅうちょがある。立場がちがえば異なる意見や主張も当然出てくる。しかも、著者と同世代の、多くの関係者はまだ存命中のはずだから、下手をすると訴訟の地雷を踏みかねない。現在の円谷プロにも承認を得る必要があっただろうから、出版化への著者の苦労は並みたいていのものではなかっただろう。

少なくとも著者の誠実な語りぶりは信頼するに足りる。それにしても、ウルトラマンは絶大な人気と長寿のヒーローながら、はじめから不幸の星のもとにあったようだ。泣いているとはおもいたくないが、泣いちゃうよねえ、これじゃ、という気になってくる。映画「ゴジラ」に始まって、特撮界のヒーロー、円谷プロの落日はどこからはじまったのか。

感想

「ウルトラQ」に始まり「ウルトラマン」、「ウルトラセブン」と続く昭和の特撮モノ、そしてもちろん映画「ゴジラ」を観て育った世代のひとりとして、とにもかくにも、私自身も、円谷プロの活躍は願うところだった。

しかし、結果は円谷一族の経営撤退と別会社による全面買収!しかも創業者一族の追放という無残なものになった。したがって今の円谷プロは、昔の会社とは全くちがう体制になっている。

わずかな救いは、旧作のコンテンツ管理が確保できたことだろうか。古い特撮は特撮として、私のような世代には、それで良しとすべきだろう。もうひとつ、本当は、「ウルトラセブン」第12話の話がでてくるか、と思ったのだが、まあ野暮はいわないことにする。

最後にこういいたい_胸を張れ、ウルトラマン。みんなが君をまっている。