勝手に選ばれないことがありがたい?出産祝いで現金や商品券は喜ばれる?!

出産祝いで定番のベビー服は、意外に使えません!

出産祝いってたくさんもらいます

夫婦、二人共働きなので、お互いに職場でお祝いを頂きます。お祝いしなくちゃというプレッシャーを与えているのでしょうか、たくさんお祝いを頂くのです。私も職場の同僚が出産のときは、お祝いをしました。

まだ、未婚の頃だったので、何をあげていいかわからないし、商品券をあげました。選んでなくて、申し訳ないと思ったけど、あの時、同僚は、うっすら涙を浮かべながら、「ありがとう、わが友」と感無量でお礼を言ってくれて、出産でちょっと疲れすぎて、ヤバいのかなって、心配したのですが、自分が出産してみて、彼女の気持ちがわかりました。

赤ちゃん用食器、ベビー服、おもちゃ、ぬいぐるみ、おむつセット、正直、いりません。赤ちゃんだって、好みがあるんですよ。

赤ちゃんにも人権があり、選ぶ権利がある!!

やはり、脳があって、目があり、鼻があり、口があるんですよ。全部、小さいけど、大人より鋭いのです。食器は、口当たりが悪いと、ごはんが入っているのに、投げます。

頑固おやじか?!というくらい、気に入らないのか怒ります。特にカラフルな、色、花柄とか、細かい花柄が嫌いでした。服もそうです、ヒョウ柄のよだれかけをもらったのですが、つけようとした途端、「ぎゃーーー」とわめき散らしました。と

にかく、細かい模様が嫌いでした。ちまちました感じが嫌なのでしょう。私も嫌いなので、遺伝と言えるかもしれません。

頑固おやじ並みのこだわり、でも、女の子です

その他にも、頂いた、クマのぬいぐるみにも、朝から晩まで、喧嘩を売るし、それをくださった上司が、家に遊びに来た時にも、ちょうど、そのクマとにらみ合って、タイマンをはっている最中でした。上司は、おめでいたいタイプだったので、その様子を見て、「そんなに気に行ってくれてるの?良かったでちゅねー」と言ってくれましたが、見ているのでなく、睨んでいるんです。

喜ばれるお祝いとは

やっぱりね、現金です。もしくは、商品券です。値段じゃないですから、かさばらないし、自分が好きなものをそろえられるし。

ベビー用品は、身内、自分でそろえている場合が多いのです。お祝いの気持ちだけでも、十分、ありがたいですよ。