プラスチックの離乳食セットは手抜きママにとって使えずに終わりました

プラスチックの離乳食セットは私には不要でした

何となく使わずに済んでしまったもの

私が出産祝いとして貰って困ったものは「離乳食用の食器セット(プラスチック)」です。子供が生まれてすぐに貰ったので、そのうち使うかなと思ってしまっておきました。

しかし、いざ離乳食の時期になると、何となくセットで使わずにバラでそこらの食器を使ってしまいました。

立派な箱に入っていたのでわざわざ出すのも勿体ないと思ったし、プラスチックの器は何となく温熱効果が悪くて食べ物が美味しくなさそうなイメージがあったのです。

私の育児が手抜きだったのかも知れませんが、パッと手にした丁度良い大きさの食器を使ってしまい、結局全く出番がなく終わってしまいました。

バザーにだしたこと

結構高そうなベビーブランドの商品だったので、捨てるのは勿体ないと思いました。しかしそのプレゼントを贈ってくれたのが主人の会社の人で、オークションに出すとバレそうでした。そこで、1年程経ってからバザーに出しました。

私の姉が通っている教会で定期的にバザーがあるので出したところ、あっと言う間に売れたとのことです。必要な人の手に渡って良かったと思いました。

ママのことを考えた出産祝いを

何を貰ったら一番嬉しかったか考えてみました。ベビー服などはあれば便利なのですが、私は残念ながらディズニーやサンリオなどのキャラクターが好きではないので貰ってもやはり使わずに終わったでしょう。

出産祝いで一番有難いのはやはりタオルでしょう。赤ちゃんはとにかく汗かきで、寝た途端布団までびっしょりになっています。上質のタオルで肌触りの良いものは、幾らあっても役に立ちます。

あとは育児に慣れないママの為に「授乳クッション」なるものがあるのを知り、今度友人に出産祝いを贈る時には是非それにしたいと思っています。更には育児はとても疲れますので、ちょっと時間があった時につるりと食べられるゼリーの詰め合わせなんかも貰ったら嬉しかったろうなと思いました。