アンドレザ・ジャイアントパンダを初めてみましたが衝撃を受けました

身長3mのプロレスラー?「アンドレザ・ジャイアントパンダ」

ネットニュースのタイトルでアンドレザ・ジャイアントパンダが上野に降臨したという感じの記事が掲載されていたので読んでみたが、最初何をいっているのかわかりませんでした。

もともと上野公園にパンダがいて、最近子供が生まれたニュースをみていたので、その関連かなと思いましたが、見事に裏切られました。

なんとジャイアントパンダというあきらかにぬいぐるみとわかる身長3mのプロレスラーが存在していました。

ジャイアントパンダが意外に身軽でした

イメージとして単なるマスコットとして試合を盛り上げるためにセカンド付近にいるのかと思っていましたが、写真を見ると、バカ沈艦スタン・小林というふざけた名前のレスラーと戦っていました。

動画サイトとリンクされていたので見てみると、上上野ではなく地方の大会での試合風景でしたが、リングに登場する姿に圧倒されました。意外にしっかりした歩みでお客さんからの声援が凄いのもうなずけます。

パンダ選手は子供から大人気です

上野の試合ではわかりませんが、先ほどの動画の続きを見てみると、予想取りリングにああがるときにロープをくぐるときに苦労していました。

さらにやっとリングに登れてもうつ伏せで誰かに助けをもらわなければ起きあげれない雰囲気です。

その時に廻りにいる子供たちの声援が凄く、すくっと一人で立ち上がった時は大歓声が起きていました。

パンダ選手はどんな試合をするのだろうか

3mの巨体のパンダ選手がどんな試合をするのか興味深々でした。最初の方はのそのそ歩くだけでしたので、こんなものかと思っていましたが、上からのパンチや体当たりをしているのでプロレス技を繰り出していたのは見事でした。

上野の試合も見たかったです

上野の試合の様子は記事しかわかりませんでしたが、地方での動画から推察すると、東京でもきっと受け入れられたことには間違いないです。

プロレスは筋書きのあるドラマなので、エンターテインメントを追求していますが、パンダ選手は見事に実現しています。今後さらに注目を浴びていくと思われるので楽しみにしています。